About him | 松橋登Official site Yabutsubaki
HOME > About him

About him

      1969年劇団四季『白痴』の主役でデビュー
     その知的で繊細な風貌から「新劇界のプリンス」と呼ばれ、
     新劇界から初めてスターが生まれたと評された。
     公演ポスターは貼るそばから剥がされ、ファンが日生劇場を
     幾重にも取り囲んだという伝説が残っている。
     舞台を中心に活躍を続け、近年は渋さが加わり、
     陰影のある独特の存在感が印象的である。
     ここ数年はオリジナル作品も含めた朗読に力を入れている。